TOPページ > 基礎知識

基礎知識

  • 紫外線や新陳代謝の衰えなど、シミの原因は実にさまざま シミの原因でいちばん多いのは、紫外線によるものです。紫外線をたくさん浴びると、体が酸化され、ガンなどの病気を引き起こす原因になるといわれています。
  • シミの正体は、新陳代謝ではがれ落ちなかったメラニン色素 メラニン色素は、表皮のいちばん奥にあるメラノサイトという細胞で作られます。一度に大量の紫外線を浴びたりすると、メラニン色素は必要以上に大量に作られます。
  • シミが目立ち始める平均年齢は29才 20代前半までは、日焼けをしてもすぐシミになることは少ないのですが、肌の内側に溜まっていたメラニン色素がシミとなって現れやすいのが、ちょうど29歳頃と言われています。
  • シミにはいろいろな種類があり、症状もそれぞれ ひと口にシミといっても、さまざまな種類があり、現れ方や症状もそれぞれ違ってきます。このページでは、おもなものを一覧にして紹介しています。
  • いちばん多いシミのタイプは日光性色素斑 シミの多くは、日光性色素斑と呼ばれるタイプが多いです。顔や手の甲、腕など日光に当たる部位にできます。できはじめは、薄い茶色ですが、だんだん濃くなっていくことが多く、円形や不整形のものがあります。
  • 雀卵斑は、遺伝的要素が強く、紫外線で濃くなる 雀卵斑は、いわゆるソバカスのことで、文字通り、スズメの卵の模様に色や形が似ていることから名づけられました。鼻のまわりや目の下などに、直径5mmまでの小さな色素斑が現れます。
  • 女性ホルモンに関わりが深く、左右対称にできる肝斑 肝斑は、目のまわり以外の部分に左右対称に現れるのが特徴です。左右のほほ骨に沿って筆で書いたようなものや、左右に蝶々のようにもやっと広がるタイプ、両側のこめかみ付近に小さく現れるものなどがあります。
  • 毛穴の皮脂が酸化して黒ずんでしまう毛穴シミ 名前の通り、毛穴ひとつひとつが色素沈着してしまい、毛穴そのものが黒っぽく見えるものを「毛穴シミ」といいます。毛穴シミを改善するためには、毛穴ケア、美白ケア、UVケアの3本柱が効果的です。
  • ニキビ跡などがシミのように残ってしまう色素沈着 ニキビなどの炎症が起きた部分に、赤や茶、紫色のシミのような跡が残ってしまうことを色素沈着といいます。紫外線などの影響でできるシミと同じ種類のものです。
  • 判別が難しいADM。疑わしいシミがあったら早めに皮膚科へ ADMは、日本語では「後天性真皮メラノサイトーシス」や「両側性遅発性大田母斑様色素斑」とよばれ、顔に発生する後天性皮膚疾患のひとつです。
  • シミの根本原因である紫外線を徹底カット シミと紫外線は、切っても切り離せない関係です。とくに地上にふりそそぐUV-Aは、日焼けを起こし、シミの原因になりますので日頃からUVケアをしっかりすることが、シミ予防となります。
  • シミを予防する為に気をつけることとは? シミを作らないために、日焼け止めを塗ったり、日傘やUVカット衣類を使用するのは当然ですが、それでも、紫外線を完全にシャットアウトすることはできません。紫外線をたくさん浴びてしまった肌には、レスキューケアが必要です。
  • シミの改善と治療方法 念入りなUVケアをしていても、それでもできてしまったシミを改善するにはどうすればいいのでしょうか。できてしまったシミは、あきらめないで、正しいケアをすることで薄く目立たなくすることができます。
  • 注目の美白成分一覧 美白成分にはさまざまなものがありますが、医薬部外品として厚生労働省に認可されているものは現在9種類あります。どういったものがあるのかをご紹介します。
  • シミができる原因まとめ一覧 シミの原因でいちばん多いのは、紫外線によるものです。紫外線をたくさん浴びると、体が酸化され、ガンなどの病気を引き起こす原因になるといわれています。
  • シミが出来やすい年齢とは? 紫外線を浴びたことなどにより、出来やすくなるシミ。では、シミには出来やすい年齢や、出始める年齢なんかはあるのかをご紹介します。
  • シミの原因になる生活習慣(仕事・趣味)とは シミが出来る原因には一番多くには紫外線、そして加齢などがありますが、実はシミが出来る原因には、仕事や趣味、生活習慣などが関係している場合もあります。
  • シミが出来やすい人(体質)の特徴 シミ対策をしていても、人によってこのようにシミができやすい、できにくいという差が出るわけですが、この差の原因は個人の体質にあると言われています。
  • シミのない美白の多い地域って何県? シミの原因のほとんどが紫外線による影響だと言われています。その紫外線は季節の変化によって地上に降り注ぐ量が大きく変化します。また、地域によっても 紫外線量が違ってきます。
  • シミが出来やすい場所(部位)まとめ一覧 シミは肌にメラニン色素が蓄積されると色素沈着となり、この色素沈着が黒くなりこれをシミといいますが、シミにはできやすい場所があります。
  • 頬ににできやすいシミ(肝斑)って? シミにも種類がいくつかあり、特に両頬にできるうす茶色いシミを「肝斑(かんぱん)」と言います。これは、20代以降に発生することがほとんどです。
  • ストレスが原因でできる額のシミって? 2007年のカネボウ製薬の研究報告で、ストレスが原因で額にシミができるということがわかっています。では、ストレスが影響するとなぜシミができていくのかをご紹介します。
  • 目の周りに出来てしまうシミの原因って? 目元は皮膚がとても薄いので、外側からの刺激にも非常に敏感なため、マッサージなどのしすぎや目をこするだけでもシミやシワができたり、またクマもできやくなります。
  • 実は多い口元のシミの原因・特徴って? シミができると言えば、頬や目の周り、鼻等があげられますが、意外にもシミは口周辺、主に口角から顎にかけての部分で、中には、上唇と鼻の間周辺にできてしまう事もあります。
  • 背中や肩など体に出来るシミの原因・対策って? シミは、顔だけでなく体にもできます。体にシミが出来る原因には、やはり紫外線だけでなく、ホルモンの異常やストレスによってできることが原因でもあります。
  • 肌にシミができるまでのメカニズムまとめ 一度できたシミはなかなか消えない厄介ものですが、ではなぜ紫外線浴びることでシミができてしまうのか、そのメカニズムをご紹介します。
  • シミの原因!メラノサイト(色素細胞)情報まとめ 皮膚の奥にある真皮の最下層でメラニンをつくり出している細胞を、色素細胞(メラノサイト)と言います。では、色素細胞(メラノサイト)とは何なのかをご説明します。
  • 肌の新陳代謝ターンオーバーとシミの関係 ターンオーバーの周期は一般的には28日とされていますが、年齢を重ねることや、生活習慣が乱れてくると、ターンオーバーが乱れて遅くなっていきます。
  • シミ消しの基本!肌細胞の構造の基本情報まとめ 人間の皮膚は大きく分けて「表皮」「真皮」「皮下組織」の3層から成り立っています。この皮膚の構造からシミがどのようにできるのかをご説明します。
  • シミの最大要因!日焼けに関する基本情報まとめ一覧 「紫外線はお肌の大敵」と言われるほど、日焼けがシミやソバカスなど皮膚の老化現象を引き起こす原因であることは皆さんもご存知かと思います。
  • 「日焼け」をするまでのメカニズム 日焼けをしてしまう原因の中心となるのは紫外線。大量に紫外線を浴びれば、当然肌も傷つくのはわかるけど、ではどうしてシミとなるのかを解説しています。
  • シミの原因「紫外線」の種類 紫外線は波長の長い順にUVA(長波長紫外線)、UVB(中波長紫外線)、UVC(短波長紫外線)に分けられます。紫外線のうち地上に届くのは、UVAとUVBの2種類の紫外線です。
  • シミ・日焼けの原因「紫外線」の種類 紫外線は波長の長い順にUVA(長波長紫外線)、UVB(中波長紫外線)、UVC(短波長紫外線)に分けられますが、紫外線の種類と紫外線が持つ肌への影響情報を説明します。
  • シミ予防に必須の日焼け対策情報 どんなに機能が優れている日焼け止めでも、自分の肌質にあったものをきちんと選ぶことが大切ですが、ここでは、日焼け止め化粧品を選び方や、日焼け防止の際に気をつけることをご紹介します。
  • 日焼けをしてしまった場合のアフターケア方法 日焼けをしてしまったと思い、日焼け後にすぐ美白などのケアを行うのは逆効果です。では、どのようにアフターケアをしてあげればよいのかをご紹介します。
  • シミ治療前に知っておきたいシミの種類一覧 一口にしみといっても実は様々に種類があり、原因や対処方法が異なります。あなたのお悩みのしみは一体どのタイプに当てはまるのかを見てみましょう。
  • 老化肌のサイン!?日光性色素斑(老人性色素斑) 30歳以上に多くみられるシミで、こめかみや頬骨付近などの、ほかの部分よりも少し高く出っ張っているところに発生し、1~2mmくらいの丸っぽくて凹凸のないシミが老人性色素斑、もしくは日光性色素班と呼ばれています。
  • 子供の頃から気になる!雀斑(そばかす)とは そばかすは遺伝的要素が強く、これ以上増やさないためにも、日焼け止めと使って、紫外線ケアを怠らないようにすることが大切です。
  • 肝斑(かんぱん)の特徴と治療方法 頬骨、鼻の横、額などに左右対称にでき、色は薄めですが広い範囲に発生するしみを医学用語で肝斑(かんぱん)について解説しています。
  • 毛穴つまりがシミの原因になることも「毛穴シミ」 毛穴シミは、毛穴から出た皮脂がつまり、それが悪化して皮脂が酸化し、毛穴の中にメラニンが増加し、黒っぽくなりシミのように見えるもののことを言います。
  • ニキビ跡など炎症性色素沈着の情報 色素沈着は、別名「炎症性色素沈着」とも呼ばれ、ニキビや肌荒れなどの炎症のあと、脱毛や毛抜きによる刺激でできたかぶれのあとがシミとなったものです。
  • シミと間違いやすいADM(後天性真皮メラノサイトーシス)の特徴 額の両端、頬骨部、鼻翼部などに、直径1~3mmのおよそ灰褐色の色素斑が、幾つかまとまって出現するもので、「両側性遅発性太田母斑様色素斑」と呼ばれることもあります。
  • 年代別シミ予防方法まとめ 年代別に抱える肌トラブルは様々で、シミの場合、30代を過ぎたころから気になる肌トラブルとして考え始める女性が多いようです。
  • 【世代別】20代でやっておくべきシミ予防方法 一般的に、20代前半はまだ皮脂分泌もしっかりとしていて、肌のバリア機能や保湿力もしっかりとしていて、肌の生まれ変わりであるターンオーバーのサイクルも正常に働いている時期です。
  • 【世代別】30代でやっておくべきシミ予防方法 30代はシミ対策にとって一番重要な時期で、特にこの時期にシミケアをしっかりした人としていない人では、はっきりと5年後、10年後と、もっともシミが出やすい時期に差が出るとも言われています。
  • 【世代別】40代以降でやっておくべきシミ予防方法 40代以降になると圧倒的に増えはじめる肌トラブルがシミです。40代になると、長い時間をかけて蓄積された紫外線のダメージが、シミやシワとなって表面化してきます。
  • 季節ごとのシミ予防方法情報まとめ一覧 シミの原因の約80%以上が紫外線によるものです。紫外線対策は夏にばかり注目を浴びてしまいがちですが、実は1年を通して紫外線ケアをおこなうことで、シミは予防することができるのです。
  • 紫外線が増え始める「春」からはじめたいシミ対策 1年中降り注ぎいでいると言われる紫外線A波はもちろん、紫外線B波も3月ころから増え始めるため、紫外線対策に力を入れ始める季節は実は春なのです。
  • 紫外線最注意シーズン「夏」のシミ対策 夏の紫外線量は冬の2倍といわれます。また、日照時間の長くなるため、「短時間だから」と油断していたことでも、確実に肌にはダメージになります。
  • 夏のダメージの蓄積「秋」に取り入れたいシミ対策 9月は夏のように暑い日もあれば秋の訪れを感じさせる過ごしやすい日もあるなど1か月のうちの気温の変化が激しく、10月になると空気が急激に乾燥し始めるため、肌のコンディションも乱れがちな季節です。
  • 乾燥が気になり始める「冬」のシミ対策 冬の代表的なトラブルといえば乾燥です。これは、空気が乾燥することで、肌も乾燥状態になってしまうためです。そこで冬のシミ対策で気をつけるべきことをご紹介します。
  • 出来てしまったしみを消す方法まとめ シミはできる前にケアすることがベストですが、一度できてしまったシミであっても改善する方法があり、その方法としては主に美白化粧品を活用することと、クリニックでの治療です。
  • できてしまったシミを消す効果のある化粧品 美白成分が持つ効果発揮の速度や美白成分の配合濃度などを加味しても、美白化粧品を使ってすぐにシミが改善されるなどとは考えず、根気強くスキンケアをしていくのが重要です。
  • (美容)皮膚科でのシミ治療 クリニック(皮膚科)やエステなどのシミ治療としてもっとも多く活用されているのは、レーザー治療です。その他、ハイドロキノン軟膏などを併用しているところも多いようです。
  • 正しい美白化粧品の選び方 美白になるためにはスキンケアが欠かせないのは当然のことですが、より効果を高めるためのスキンケアの方法があります。逆にスキンケアの仕方や美白化粧品の選び方を誤れば、逆に肌を傷つけかねません。
  • シミ予防のための美白スキンケア化粧品の選び方 美白を手に入れるためにも、毎日のスキンケアでシミ予防を徹底的に行うことが必要不可欠です。シミを予防するスキンケアとはどのようなことなのかをご紹介します。
  • 日焼け止め(UVケア商品)の選び方 日常生活の中で無意識に浴びてしまう紫外線は、美白にもエイジングにも予想以上に悪影響が大きいものです。日頃から、紫外線対策をしきちんとホワイトニングケアをすることが美白を作るポイントとなります。
  • 敏感肌でも使える美白化粧品の選び方 敏感肌とは、少しのきっかけで肌トラブルを起こしやすい肌の状態のことを言います。角質の水分保持能力が低下しており、皮膚表面の皮脂膜が充分でないため、外部からの刺激に弱くなっています。
  • 乾燥肌のための美白化粧品の選び方 乾燥肌は、皮膚の表面が乾燥してカサついたり、ゴワついたりしている状態のことを言います。これは、皮膚の表面にある角質層の水分量が減少することによって起こってしまうのです。
  • 美白の敵「くすみ」に関する基礎知識まとめ一覧 くすみの原因はひとつではないといことが問題で、原因として多いのは血行不良、古くなった角質が考えられています。また、様々な原因が重なってくすんでしまうこともあるようです。
  • くすみとは?セルフチェックでくすみ肌診断 くすみとは、肌が荒れている状態や肌に色むらがある状態、透明感がなく、肌の血行がよくなく黒ずんだ状態で普段よりも顔の肌色がトーンダウンしていることをいいます。
  • くすみとくまの違い くすみとくまの関係については諸説ありますが、広義に考えると、くまはくすみの一種と言ってもいいでしょう。顔にくまがあると顔全体の印象が暗くくすんで見えることは間違いありません。
  • 【くすみのタイプ別】原因と特徴 くすみにも様々なタイプがあり、それぞれによって原因も違い、特徴もありますので、一覧でどのようなタイプがあるのかをご紹介します。
  • くすみの予防方法 くすみは一度できてしまうと改善するのが非常に困難です。また、原因も多岐に渡り、誰にでも起こりうる肌トラブルといえます。そのため、くすみ肌になる前に予防することが重要です。
  • 最近注目のくすみの原因「糖化」とは 糖化とは、身体の中でタンパク質と余分な糖が結びつくことで、タンパク質が変性、劣化してAGEs(糖化最終生成物)という名の老化物質を生成する反応をいいます。
  • 【くすみのタイプ別】改善方法 くすみと一口に言ってもタイプはさまざまにあります。ご自身がどのタイプのくすみなのか把握し、改善方法を見つけることが、美白肌への第一歩です。
  • 主な美白成分一覧まとめ 日頃のスキンケアでどのようなことに気をつけていけばよいのか、皆さんいろいろ実践しているかと思いますが、美白スキンケア化粧品の選び方のポイントでもある、成分を知る事も大事です。
  • 【美白成分】アルブチンの効果・副作用 アルブチンは、お肌の漂白剤として美容皮膚科などでも使用される美白効果成分ハイドロキノンの配糖体で、美白効果に優れているため、厚生労働省にも認可されている薬用の美白成分です。
  • 【美白成分】エラグ酸の効果・副作用 エラグ酸は、ラズベリーやレッド(赤ラズベリー)に最も多く含まれていて、細胞の突然変異や発ガン物質を抑え、ガンを抑制する効果があります。
  • 【美白成分】ルシノールの効果・副作用 ルシノールは化粧品ブランドのPLOAが開発した美白成分です。ルシノールの元になっているのは、シベリアのもみの木に含まれる成分で、これを改良して用いられるようになりました。
  • 【美白成分】ビタミンC誘導体の効果・副作用 ビタミンCは、活性酸素の除去・色素沈着の防止・メラニン色素抑制など様々な効果があり、美肌、美白の為には欠かせない成分です。
  • 【美白成分】プラセンタエキスの効果・副作用 プラセンタとは胎盤のことで、胎盤には自然治癒力を回復させる優れた効果 があると報告されていて、出産により低下した体力を速やかに回復させ、ホルモン分泌促進成分を摂ることで乳腺を刺激して乳汁分泌をさせる働きがあります。
  • 【美白成分】カモミラETの効果・副作用 カモミラETは、カミツレ(カモミール)の葉から抽出された成分で、大手化粧品メーカーの花王が10年の歳月をかけて独自に開発した美白成分です。
  • 【美白成分】t-AMCHA(t-シクロアミノ酸誘導体)の効果・副作用 t-AMCHA₍t-シクロアミノ酸誘導体₎は、大手化粧品メーカーの資生堂が開発し、美白成分として2002年に厚生労働省の医薬部外品の認定を受けた成分です。
  • 【美白成分】トラネキサム酸の効果・副作用 トラネキサム酸は抗プラスミン作用を有する薬用アミノ酸です。抗止血作用、抗炎症作用、抗アレルギー作用を目的として、古くから止血剤として使用され、湿疹、じんま疹などの皮膚疾患でも処方されてきました。
  • 【美白成分】リノール酸の効果・副作用 リノール酸はベニバナ油やヒマワリ油などから抽出された不飽和脂肪酸で、体内で合成はされず、食べ物から摂取しなくてはいけない必須脂肪酸の1つです。
  • 【美白成分】ハイドロキノンの効果・副作用 現在、美白成分の中で一番美白力の高いと言われているのがこの「ハイドロキノン」です。別名「お肌の漂白剤」と呼ばれるほど、シミに効果的な美白成分でもあります。
  • 【美白成分】ロドデノールの効果・副作用 ロドデノールは白樺の樹脂に含まれている天然物質の美白効果に着目してカネボウが研究開発して、特許取得している美白成分です。
  • 薬用美白成分が贅沢に配合された人気の美白美容液。シミのケアはもちろん、くすみやたるみの原因になる糖化対策までできるのが人気の秘訣◎美容液なのでお値段がが高めになりますが、これ一つでしっかりと美白ケアできるのでコスパは悪くないんです!美容液だけ美白用にしたいという方には特におすすめ。
    美白成分 コスパ 口コミ評価
    ビタミンC誘導体
    アルブチン
    薬用プラセンタ
    プラチナナノコロイド
    【初回価格】
    1,500円/送料無料
    【1日当り】
    約300円
    池田さん(期間2014年3月~現在愛用中)
    トライアルから初めてリピしています。
    初めは肌の透明感が上がったことが嬉しくて続けていましたが、3本目が使い終わる頃から、頬のシミが薄くなってきたのに気がつき、本当の効果を実感できました。 肌への浸透力もいいし、低刺激なのでずっと使いたいです。
    箕輪さん(期間2014年11月~現在愛用中)
    あまり名前を聞いたことがなかったんですが、好きな美容家さんがおすすめしていたので購入しました。半信半疑で使ってみたものの 、1本目で透明感が上がり、肌表面もサラサラに! シミも心なしか薄くなったように感じます。
    駒井さん(期間2013年3月~現在愛用中)
    ずっと使ってます!値段だけ見ると高く感じますが、美容液ってそもそも高いものなので、私は納得してます。何より美白効果が高く、使い始めてからシミも全然増えません!糖化対策までできるというのも素晴らしいと思います。
  • 美白有効成分+アスタキサンチンや3種類のコラーゲンなどのハリ・弾力ケア成分配合の富士フィルム人気美白ケアシリーズです。紫外線はシミだけでなくシワやたるみの原因になるのでトータルでケアしたい方におすすめ◎こちらは薬局でも購入できますが、通販のほうがお買い得なので購入するならネットがおすすめ!
    美白成分 コスパ 口コミ評価
    ビタミンC誘導体
    アルブチン
    【初回価格】
    1,000円/送料無料
    【1日当り】
    約200円
    田上さん(期間2014年11月~現在愛用中)
    もともと普通の赤のアスタリフトを愛用していましたが、美白成分配合のものがあると知ってこちらを使い始めました。アスタリフトのハリや弾力の高いケア力はそのままに、さらにシミケアができるので気に入っています。透明感がグッと上がりました!
    結城さん(期間2014年12月~現在愛用中)
    アスタリフト愛用者で、シミが気になり始めこちらに変えました。やっぱり美肌効果は抜群です!まだ使い始めたばかりなのでシミが消えるというよりは肌が明るくなった感じですが、シミ消し効果も期待できそうです!
    山井さん(期間2015年1月~現在愛用中)
    CMでみて購入しました!初回はかなりお得なので迷わずクリック♪アスタキサンチン配合なので中身はオレンジ色!!!スーっと肌になじむので使い心地はかなりいいです☆そして何よりびっくりしたのが翌日のお肌のハリ!リピート決定です☆
  • ピンポイントのシミや顔全体のトーンアップに効果的な人気ドクターズコスメ。
    薬用美白成分の他にも、出来てしまったシミに効果的な新安定型ハイドロキノン配合なので、今あるシミを集中的にケアするのに特におすすめです。 本製品はチョット高級なので初めての方はトライアルからどうぞ♪
    美白成分 コスパ 口コミ評価
    ビタミンC誘導体
    アルブチン
    新安定型ハイドロキノン
    【初回価格】
    1,890円/送料無料
    【1日当り】
    約270円
    坂岸さん(期間2013年12月~現在愛用中)
    トライアルからはじめ、かなり長い間お世話になっています。通常価格はそれなりにしますが、トライアルでかなり美白効果感じ、実際本格的に使い始めると目元のシミがどんどん薄くなっていくんです。さすがドクターズコスメって感じですね!
    飯野さん(期間2014年11月~現在愛用中)
    ハイドロキノンが配合された物が欲しく購入しました。しかもこちらのは副作用の心配がない「新安定型ハイドロキノン」なんだとか。
    口コミ通り美容液はすごくよかったです。3ヶ月目からシミが薄くなりました。 刺激に弱い方はチョット向かないかもしれませんが…。
    小森さん(期間2014年9月~現在愛用中)
    色々美白系は試しましたが、美白ケアという点でこれが一番効果がありました。
    ちょっと保湿力にはかけるかなと思いますが、クリームは他のものを使えば問題ないでしょう。あとお値段も少々高めですが、その分の価値はあると思います。
  • 敏感肌の弱点を克服しながら気になるシミをケアできる敏感肌専用スキンケアラインの美白スキンケアシリーズです。美白化粧品は刺激がつよいものも多いですが、こちらは本当に肌に優しいので、刺激を気にしないで毎日続けられます。敏感肌で美白ケアを諦めしまっていた方におすすめの商品です。
    美白成分 コスパ 口コミ評価
    ビタミンC誘導体
    エスクレシド(独自成分)
    【初回価格】
    1,480円/送料無料
    【1日当り】

    約148円
    三谷さん(期間2013年9月~現在愛用中)
    敏感肌なので美白ケア化粧品は使いたくても使うのが怖く諦めていましたが、サエルを見つけ即購入しました!バリア機能を高めながらシミ予防ができるのは本当に嬉しいです。炎症も起こさずに肌のトーンがアップしました!
    片野さん(期間2014年9月~現在愛用中)
    超敏感肌なので化粧品を選ぶのもなかなか苦労します。でもこれは超敏感肌でもOKでした!
    まずこれだけでも嬉しいのに美白ケアができるので助かってます。これからもお世話になりたいコスメの一つです♪
    野上さん(期間2015年1月~現在愛用中)
    年々敏感肌になってしまい、今までの化粧品が合わなくなったのでこちらを使用しました。トライアルもお得で見た目も可愛らしく満足度はかなり高めです。
    使い始めたばかりですが透明感も上がり乾燥もしません。しばらくは継続しようと思います。
  • ブライトニング成分を含む10種類の主役級美容成分配合の導入美容液
    洗顔後のスキンケアの一番最初に取り入れる美白ケアアイテムだから、今までの美白ケアでは効果を感じられなかった方に取り入れて欲しいおすすめの商品です。 今使ってる化粧品を変えたくないという方にも◎
    美白成分 コスパ 口コミ評価
    プラセンタエキス
    ビタミンC誘導体
    βアルブチン
    酵母エキス
    【初回価格】
    2,430円/送料無料
    【1日当り】
    約40.5円
    中野さん(期間2014年11月~現在愛用中)
    ittencosmeの泥練洗顔が好きでこちらも購入しました。本製品が初回で安くなるのは嬉しい! 導入美容液で美白ってなかなか珍しいですよね。
    スキンケアの一番最初にこれを使うのと使わないのでは透明感が違います。シミ消し効果にも期待大です。
    小谷さん(期間2015年2月~現在愛用中)
    導入美容液を探して いたところ@コスメで口コミが良かったのと初回半額ってのが決め手となり購入。
    これまでスプレータイプの導入美容液を使ってましたが、こちらのミルク系の方が肌に入っていく感じがして私にはあってます。
    保湿力も高いし、翌朝の透明感もかなり上がったので、しばらく使うつもりです。
    坂田さん(期間2014年12月~現在愛用中)
    泥練洗顔愛用者で、こちらも試しに買ってみたところ、ハマりました♪乳液状の美容液で刺激は全然感じません。浸透力も高く、次に使う化粧水がグングン入る感じがします。
    1本使い終わる頃には肌の透明感が上がり、ゴワつきやザラつきも全然気にならなくなりました!

プラチナVCセラム シミの原因メラニンの生成を阻止するだけでなく、くすみの原因のコラーゲンの糖化にも着目しケアする最強美白美容液 !
エニシングホワイト 美白化粧品だけでは物足りない保湿ケアも、コラーゲンやヒアルロン酸が贅沢に配合された これなら、たった1つでしっかりケアできます◎
アスタリフトホワイト 美白成分に加え、たるみやシワに効果的なアスタキサンチンが配合された美白エイジングケアシリーズ。シミだけでなくトータルでケアしたい方に
ディセンシア サエル ポーラオルビスグループの敏感肌ライン・ディセンシアのシミの原因にアプローチする美白ケアシリーズ。敏感肌で美白ケアを諦めていたかにピッタリ♪
ホワイトニングリフトケアジェル 美白の有効成分アラントインとプラセンタが潤った肌へ導きます。ひとつで5役のオールインワンジェル。
フォーマルクライン7日間集中セット ビタミンCの600倍の力を持つ高濃度フラバンジェノール(R)をしっかり試せる7日間の集中ケアセット。
POLA ホワイトショット 角質層のセルフクリア機能と過脂化メラニンキャップに着目した、シミ・ソバカスを防ぐ薬用美白美容液。
シミの原因とは?シミができる原因は紫外線です。
ではなぜ紫外線を浴びるとシミができるのでしょうか?
シミを作るメラニン色素とは?メラニン色素は常に一定量作られ、私たちの肌の色を決定し、紫外線から肌を守る働きをします。
シミができやすくなる年代 シミの種類にもよりますが、ある医薬品メーカーの調査によるとシミが出来やすくなるのは29歳だといわれています。
シミの種類一覧シミと一口に言っても様々な種類があります。では、どんな種類のシミがあるのでしょうか?
シミの種類①日光性色素斑シミの中でもっとも多いのはこのタイプのシミです。では原因は特徴を見ていきましょう。
シミの種類②そばかすそばかすは子供の頃から見られ遺伝も関係しているシミで色白の人に多く見られるシミです。
シミの種類③肝斑左右対称に現れるのが特徴の肝斑(かんぱん)は女性ホルモンが影響していることがわかっています。
シミの種類④毛穴シミ毛穴が色素沈着し、シミのように見えてしまうのが毛穴シミですが、改善方法はあるのでしょうか?
シミの種類⑤色素沈着型シミニキビを潰したりして出来るシミのような後を色素沈着といいます。
ADMとは?後天性真皮メラノサイトーシスや両側性遅発性大田母斑様色素斑とよばれ、顔に発生する後天性皮膚疾患のひとつ
UVケアの基礎知識紫外線には、波長の長さによって3種類に分かられます。
シミ予防で大切なことシミ予防に欠かせないことといえば紫外線カットですが、その他にはどのようなことがあるのでしょうか?
シミ改善方法とは?出来てしまったシミを改善するためにはどのような化粧品を使えばいいのでしょうか?
美白成分一覧医薬部外品として認可されている成分や高い美白効果が期待できる成分をご紹介しています。
シミができやすい人の特徴シミができやすい人と出来にくい人はどのような違いがあるのでしょうか?
美白の多い地域は何県?女性の肌の美しさを都道府県別に順位付けした初のニッポン美肌県グランプリをご存知ですか?
おでこのシミとストレスカネボウの研究でおでこのシミとストレスに関係があることがわかりました。
シミができるメカニズム紫外線を浴びてからシミができるメカニズムをご紹介。
季節ごとのシミ対策まとめシミ対策は春夏秋冬1年を通して行うのが大切です。